2012年02月16日

ハイーエースの中身いろいろ

ハイエースカスタム、継続中です!
とりあえず、外部に作業委託をお願いする内容はひと段落。
ということで、まとめてご紹介。

h120216-1.jpg
まずは、トランポで超有名な『OGUshow』さんにお願いした、床貼り加工と、サイド&センタートレー。
床はこんな感じ。黒石目というカラーのポンリウム(柔軟性のあるシート)で全面おおわれています。

h120216-3.jpg

その下には厚みのある合板で平らにしてあるので、物を置くときに引っかかったりしません!
あと完全防水なので、汚れたバイクを放り込んでも、後でまるっと水洗い可能!!

棚はそれほど重いものは乗せることはできませんが、形状が安定しないもので重ねて入れると取り出しが不便なものなどを入れるのにベスト。ヘルメットなどのウエア系、折りたたみ椅子、ちょっとしたパーツなんかをきれいに置けます。

ということで、実際に積み込んでみました。

h120216-2.jpg



こんな感じです。センタートレー部に折りたたみ椅子x2、折りたたみテーブルx1。あとは細かいものをいろいろサイドトレーに。
バイクは3台並べて入れていますが、この余裕!さすがワイドボディ!
(ちなみに入っているのは、左からCannondale JEKYLL Cabon 1、TREK FUEL-EX、SANTACRUZ Jackal。
右側に一列、イレクターなどで棚を自作予定です。そこにパーツケースや予備ホイール&タイヤを積んで、そこにもたれるようにバイクを固定すると安定します。と、いうのが先代ハイエースでの積み方。同じ方法がよさそうです。

それとハイエースの必需品?と言わざるを得ないようなのがコレ。

h120216-4.jpg

セキュリティーです。
今回は、HORNET(加藤電機)の新型『370V』を、『セキュリティラウンジ横浜』さんで取り付けしていただきました。
この370Vですが、インターネット経由でPC、スマホで車の状態を確認できたり、異常があるとメールで警報が来たり、万が一盗難にあってもGPSで位置を確認できたりという、まさにいまどきな感じのセキュリティです。
残念なことですが、ハイエースはここ数年で盗難件数がナンバーワンの人気車種ということで、やはり怖いのでしっかりしたものをつけることにしました。これなら離れた場所にいても状況チェックできますね。まあ、セキュリティに関しては、お世話になることがないと一番いいんですけどね・・・(笑)

ということで、いろいろやってきましたがこれでひと段落。あとはDIYでいろいろやっていこうと思います。
Jシリーズの開幕戦までにはもうちょっといじりますので、引き続きお楽しみに〜!
【ハイエースの最新記事】
posted by matts at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ハイエース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54013189
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック